スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅茶のカフェインについて

紅茶のお話の続きです。

前回のブログでは紅茶のカフェインについて

少しおおざっぱになってしまいましたので

改めて、オリエンタルジュノーさんから補足を頂きました。


===========


コーヒーと紅茶のカフェインの量を比較したら、

紅茶の方が少ないというだけで、

決してカフェインが少ない飲み物というわけではないんです。

「カフェイン」というのは、大脳中枢を刺激するので

思考力を高めてくれます。

利尿作用があるのも、

カフェインが新陳代謝を良くしてくれるおかげで、

解毒効果があるからなんです。

疲労回復に役立つとされているのも、

カフェインが適度に神経を興奮させて

疲労感を少なくするからです。

覚醒作用がありますので、気分転換にも役立ちますね。

フレーバードティーやハーブのブレンドティーなどは、

まさにアロマ効果があり、香りを嗅ぐことでも癒し効果が得られます。

ただ、夜、眠れなくなってしまうほど

カフェイン量があるわけではないですよ!

イギリスでは、古くから1日に何度もお茶を飲む習慣があり、

「ナイトキャップティー」というものが存在しています。

この「ナイトキャップティー」は、

ベッドに入って眠る前に体を温めるためのお茶なのです。

さて、コーヒーと紅茶のカフェイン量の比較に話を戻しますが、

1g当たりのカフェイン量でみると

実はコーヒーより紅茶のほうがカフェインが多いのです。

ただ、カップ1杯分のお茶を抽出するのに何グラム必要か?

ということを考えてほしいのです。

つまり、コーヒーのほうが必然的に多くなりますよね。

カフェインは決して悪いものではないので、

生活の中にうまく取り入れてほしいですね。

=========

正しい知識は、大切ですね

そして私は、今宵も紅茶を頂いております。

ベッドに入りながらじゃなくてパソコンに向かいながらなので

ただの「ナイトティー」ですが・・・
スポンサーサイト

テーマ : 健康・元気を究めてハッピーに!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もくせいか

Author:もくせいか
新潟県上越市に生まれ、東京で20うん年を過ごす。憧れだった癒しの技術を手にしたが、とある理由で実家に戻ることに。のんびりローカルで癒しの仕事が成立するのか!?Uターンエステティシャンの日々を綴ります。

HP⇒http://mokuseika.web.fc2.com/

カテゴリ
フリーエリア
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。